読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苦悩は喜びのために

浄化をライフワークとする私のスピリチュアル・心理学徒然

人間は何もない自分に耐えられない。そろそろ傷を癒す時です。

最近、人を見てつくづくしみじみと思うことがあります。

 

人間って、自分に何もない、っていうことに耐えられないんだな、って。

 

頑張って頑張って、家族や仕事や車や家やお金やその他のステータスを手に入れる。

 

そうすると、”自分は何者でもない、劣った人間だ” という痛みを覆い隠して、

痛みを感じなくすることが可能になる。

 

でも、ある時、それらを失ってしまった途端、覆い隠していたものがなくなって、

その傷口がさらけ出されてしまう。

 

”自分は何者でもない、劣った人間だ” という傷が ヒリヒリヒリヒリと空気に晒されて痛み出す。

 

そしてまた、傷口を覆い隠すために、新しいパートナーや、新しい仕事、物、ステータスを手に入れる為に必死に頑張る。手に入れると、傷は覆い隠されて、またしばしの間痛みを忘れる。

しかし、次にそれらを失った時、また傷が痛むのだ。その痛みはだんだん前よりも大きくなる。

 

誰も傷を治そうとはしない。覆い隠そうとするだけだ。

 

家族やお金や地位を失ったから、傷ができたのではない。

”自分は何者でもない、劣った人間だ” という傷は 最初からその人が持っていたものだ。おそらく幼少の頃に出来た思い込みなのだ。それ以来ずっと持ち続けている傷。

 

だから、傷さえ癒してしまえば、何を失おうがその人はもう痛みを感じることはない。。

痛みを感じることがなくなったら、もう何かで覆い隠す必要もない。

その時にこそ、本当に自分の欲しいものに向かってゆけるかもしれない。

そこからは、覆い隠すもの、ではなく、本当に自分の欲しいものを手に入れるために頑張ってゆけるから。

 

だから、もしあなたが今全てを無くして、自分には何もないと思って苦しんでいるのなら、それはきっと、やっとその傷を癒す時が来たということです。そしてその傷から自由になれるんです。

そんな人を手伝えたら、どんなにいいだろうかと思う今日この頃。自分が通ってきた道だから、できるような気がするのです。