読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苦悩は喜びのために

浄化をライフワークとする私のスピリチュアル・心理学徒然

神を憎むまで苦しむと苦しみに飽きるかも

みなさん、苦しんでますか?

 

それとももうその苦しみから脱出されたでしょうか?

 

今日のテーマについて書く前に一言お断りを。

私は苦しみの最中、色んなブログを読み漁りました。恐らく皆さんもそうかもしれませんね。その時いつも思ったのが、どうしてもっと具体的な経験を書いてくれないんだろう?話はなんとなくわかるけど、具体的にどうやったら、どうなった、っていうのが知りたいのに。抽象的なことが多かったんですね。

ま、今思うと具体的に書かれていても、本人の準備ができていなければ(苦しむところまで苦しんでいなければ)どちらにしても同じことなのだとは思うのですが。

でも、やっぱり知りたいんですよね~。ただ単なる話ではなくって、誰かが本当に体験してこうなった、ってやつ。そんなことありませんか?

という訳で、なるべく体験として具体的に書こうと思うとですね、文章力のなさから必然的にだらだら~っとした記事になってしまうので、あしからず、ごめん。(いつかは改善するつもりあり)

 

では、本題っ。

かのエックハルトトール氏が仰っています。

"苦しみに飽きるまで人は苦しみ続ける”

今日はそれについて。

 

何を隠そう、この私。今まで誰よりも善良で、あなたのことを嫌いな人なんていないわ、とまで言われてきたこのワタクシ。

そんなワタクシですが、なんと、

 

神を憎んだんですね~!!それも(心の中ではありますが)大声で、叫んで、

罵って!!

 

自分で言うのもなんですが、今まで結構 清い女子路線できてます、私。

いい年して清い女子路線ってのもなんですがね。

他人の嫌がることしない、他人の悪口言わない、今回相当酷い目にあったけど、相手を

ドロドロと憎しみ恨み続けたりしない、相手のせいにせず、自分の中を変える方向で人生を詮索する。できるだけあるものに感謝して生きる などなど。

 

こんなに清い私が、神を憎しみ、恨みつらみを吐き出したのです!

 

”こんなに酷い目にあっても、未だ前向きに、他人を憎まず、ひたすら自分の

内面を見て自分を変えようとした私なのに、あんたは何にもしてくれやしない!!

 

 

あんたのことなんてもう信じやしない!

 

 

こんなんだったら、もうあんたを憎み続けて生きてやる!いい人でなんていない!

 

 

あんたに見せ付けるかのごとく、いい人でいるのをやめてやる!!”

 

 

上記はほんの一部です。もっといっぱい叫びましたよ、天のあの方に。そして守護霊様にもね。

 

そして、その日、わたしは本当に 

 

 

いい人でいるのをやめよう。反対の行き方をしよう。

 

って思ったんです。

ついでにどうして神を憎んだかというと、堪忍袋の緒が切れたってやつです。

この苦しみは私の内面が生み出したものだから、内面を真摯に見つめ続ければ、いつか

きっと変化がおきて、これで良かったって思えるはず。現実だって変わるはず。ねっ、神様!守護霊様、宇宙様って信じて長いことやってきたのに、なんも変わらんじゃんか!もうがまんできね~!ってことになったんで

 

泣いて泣いて泣きましたよ。(泣くの超得意)

何よりもこの自分が神を憎むっていうのがびっくりで、そしてそこまで落ちるほど

(神と反対になろうとするぐらいですから)苦しめられていることにまた腹が立ち、、。

 

それまでは苦しいながらにも、今回起こったことの意味(何か変える必要があるということ)がわかれば何か現実も変わる、っていう期待があったのです。というか、それが頭になければ生きる気力もなかったでしょう。

 

でもここまで来て、観念したんです。もう無理だ。もう何もない。いい現実なんてやってこない。だって目に見えない存在なんて本当はいない。いても何もしてくれない。

だから、私は、

 

 

この何もない、このかわいそうな人生を、歩んでいこう。仕方なく。

っ思ったんです。

 

 

   降参       ってやつです。  

 

人生をあきらめるのだから、もういい人でいる必要もない。なにより腹が立つから

いい人と真逆で生きてやる。

 

後になって考えると、こうやってどうやら私は苦しみに飽きたみたいなのです。

で、それによって、本当に得たかったもの(魂が望んでいたこと)を手にいれたみたいなのです。それについてはもう少し後で触れますね。

 

まあこうやって、その日、いい人をやめて生きると決めた私なのです。なぜなら、人生に怒っていたから。

 

     神を憎むまで苦しんで得たもの

1 今の悲惨な状況を受け入れられた。(こんな人生でも生きてはいける、どうでもいいや、みたいな感じ。ある意味悟り。)

2 他人の目や他人の気持ちを気にするのをやめ始めた。

 

1 と 2 の結果、なんか根拠のない自己肯定感みたいのが芽生え始めた。

→ その結果、不要な行動をしなくなってきた

→ その結果、やりたい行動や、やるべき行動がちょっと楽にできるようになってきた。

 

 

    いい人をやめることはあなたの人生にギフトをもたらします

 

今、本当にそう思いますよ。わたしはいい人を辞め始めたばかりの新米ですが、

そんな私でももうギフトを感じるくらいですから。

簡単ではありません。揺れ戻りがあるからです。いい人人生が長いほど、すぐにいい人をやめられないのです。それはもう癖、習慣として私達の心や身体や細胞にしみついているのです。だから、ちょっと油断するとまた他人の目を気にしたり、自分より他人の気持ちを優先して行動してしまうのです。でも、それに気がついて、そんな自分とまた対話していくと戻れます。三歩進んで二歩下がるの繰り返しですね。

 

とりとめもなくだらだらと書きましたが、要はどん底まで落ちるのが結構大事だったりする、ってことでしょうか。

それでは、また!