読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苦悩は喜びのために

浄化をライフワークとする私のスピリチュアル・心理学徒然

苦悩からもらったもの・シンクロニシティと直感(2)

前の記事で、シンクロニシティ、直感と自己価値観に関係がある、と書きましたが、それについてちょっと書きますね。

私に何故シンクロが起こったり、直感でピンとくることが起こったのかというと、(本当は、前は起こっていたのに気がつかなかったが、気がつくようになったというのが正しいと思うけど)それはまぎれもなくここ2年程毎日かかさず、自己浄化のようなことばかりをしてきたからなのだと言い切ることができます。

で、何故私が毎日毎日浄化をしていたのかというと、苦しみのお陰でもうそれをすることしか残されていなかったから、という感じですかね、、。苦しみの元となったある出来事から、それまでまあまあ普通に出来ていた仕事が全然できなく、というかやる気がなくなって、毎日心の中でやる気のない自分を責めながら頑張ろうとするもできず、

でもなぜか浄化ワークだけは毎日やる、しかも意図せずではありますが、時間をたっぷり取って。

やらなきゃいけない仕事を全然やらずに、だらだらと無駄に浄化ワークばかりやってる自分をもの~凄く責めていたんですが、今思うのは、、、

 

全然無駄じゃなかった!!

あのだらだらだけど、浄化ワークしかしてなくて自分はなんてダメなんだ、と思ってた日々こそが、苦悩を喜びにかえるために必要だったんだ!

 

ってこと。

で、話がそれましたが、

浄化によって無価値感が癒されてくる

シンクロニシティ・直感に気づきやすくなる

 

無価値感が癒されると本当の自分と繋がりやすくなるんですね。

 

子供の頃から私いつもこんな考えがありました。

あ、これってこうやったらうまくいくかな~(そんな都合よくいくわけないよな)

これって、もしかしてこういうことかも。(また都合よく考えちゃって)

こういうラッキーなことがおこったりして(そんなわけないし)

妙に、ふと、都合のいい考えが浮かぶたびに、そんな考えをする自分を咎めて結局はその考えを却下してしまうパターンが多かったんですね。

そこにはきっと無価値感が絡んでたんでしょう。

だからもし、第六感に目覚めて自分らしく幸せに生きたいと望むなら、浄化に励みましょう!自己浄化法についてはいずれ書くつもりです。